登山 初心者

thumbnail


  • 登山の地図

地図の種類と使い方

登山に地図は必要不可欠な物です。
 
 

地図がなければ登山は出来ませんし、
 
 

ない場合は登山はしてはいけません。
 
 

ここでは2種類紹介するそれぞれの地図の特徴と、
 
 

その使い分け方
 
 

を説明して行きます。
 
 
 
 
160435
 
 
 
 

地形図の種類と特徴

 
 

地図は地形図とも言うのですが、この
 
 

地形図は国土地理院から
 
 

発行されていて、
 
 
 
 

50000分の1の地図と25000分の1の地図があります。
 
 
 
 
094412
 
 
 
 
これは国土地理院が発行していて、日本国内であればどこの地域の物でもありますので、
 
 
この地域だけはないという事はありません。
 
 
25000分の1の地図が縮尺が大きく、より詳しいので、この縮尺の地図を登山に持って行くといいでしょう。
 
 
地図はこの他にも、昭文社という会社から販売されている
 
 
 
 

「山と高原地図地図」という地図
 
 
 
 
があり、この地図は値段が900円前後と少し割高ですが、
 
 
 
 

地図自体に防水処理
 
 
 
 
がなされていて、雨にも強いです。
 
 
 
 

山と高原地図
 
 
 
 
私もこの地図は3枚持っていて、国土地理院から出ている地図と合わせて持って行く事があります。
 
 
山と高原地図は基本的には50000分の1の縮尺で書かれていて、その中でもより危険な場所や道が交錯している場所は
 
 
25000分の1や10000分の1の縮尺で書かれている場所もあり、危険個所やより険しいコース、迷いやすい場所が記載されている事があります。
 
 
地図の裏側には宿泊施設や交通機関(バス、電車、タクシーなど)、の連絡先が書かれているので、緊急時などには使えるかもしれません。
 
 
この地図の特徴は、国土地理院の地図には書かれていない
 
 
 
 

尾根の名称や、登山道の名前も書かれていて、便利です。
 
 
 
 
一度長野県の冬の八ヶ岳に登山に行った事があります。
 
 
山頂に到着してから下山しようとするとき、私の持っている国土地理院の地図にはその尾根の名前が記されておらず、仲間の持っていた山と高原地図には尾根の名前書いてあったので、ちゃんと標識と地図で下山できると確認する事ができ、
 
 
 
 

安全に下山する事ができました。
 
 
 
 
登山道に標識があって「〜道」とか「〜尾根」とか書かれている場合、国土地理院の地図だとどの場所の事を指しているのか分からない事もあり、昭文社の山と高原地図ですと
 
 
 
 

ほとんどの登山道や尾根、沢や山頂の名称が記載
 
 
 
 
されています。
 
 
その他コースタイムや危険個所、迷いやすい場所なども記載されています。
 
 
又、登山道がある所は太く赤い線で登山道が書かれているので、一目瞭然で登山道を把握出来ます。
 
 
この地図は私の登山仲間で
 
 
 
 

ベテランの人でも持っている人が多いです。
 
 
 
 

山と高原地図

 
 
 
 

012927
 
 
 
 

地図の目的と携行法

 
 
ただ、登山を始めたての人には最初は難しいかもしれませんが、地図の地形そのものを読まなければいけない時もあり、その時は昭文社の地図ですと登山道を見やすくしようと等高線の色が薄く書かれているので、この時はこの地図では等高線が見づらいのです。
 
 
ただ、始めから微妙な等高線を読みながら登山をしなければいけない場所を選ぶ人は少ないと思いますので、始めからそこまでの読図技術も必要ないと思います。
 
 
ですが、地図の本来の目的と役割は、
 
 
 
 

「微妙な等高線を読んで現在位置を知る」
 
 
 
 
という点にもある事を覚えておきましょう。
 
 
地図は落としたり、風で飛ばされたり、沢の水に流されてしまったりする時がありますので、必ず予備も地図は持って行きましょう。
 
 
ただ、2人以上のパーティで登山する場合は、自分の地図が無くなっても他の人が全員もっていればその地図を使う事もできます。
 
 
ですが、山では視界不良で自分だけパーティからはぐれてしまったなど、何が起こるか分からないので、基本的に
 
 
 
 

各人地図は2枚以上用意して行った方がいいと考えます。
 
 
 
 
082484
 
 
 
 

25000分の1の地形図の見方

 
 
さて、地図の読み方ですが、25000分の1の地図を基本に考えます。
 
 
25000分の1の縮尺の場合、地図上で
 
 
 
 

1センチの長さが実際の距離で250メートルの距離
 
 
 
 
となります。
 
 
地図のへびみたいにうねうねと書かれた
 
 
 
 

細い線と太い線は「等高線」
 
 
 
 
と言ってこの線を使って山の地形を表したり、傾斜の強さを表したりしています。
 
 
 
 

等高線の太い線は標高が50メートルごとに表示
 
 
 
 
されているので、細い線は1本あたり10メートルの標高差を表しています。
 
 
等高線の幅が
 
 
 
 

広い所が傾斜がなだらかな場所で、狭い場所が傾斜が強い場所
 
 
 
 
です。
 
 
 
 
099840
 
 
 
 
登山中は山頂の標識とか山小屋とか明らかに顕著な場所を除いてはなかなか明瞭な目標物ってない時もあるんですよ。
 
 
よく登山教本とかには、反対側に見える山の山頂とかを見て、その角度をコンパスで計ってその角度を地図上に落として現在位置を割り出すという方法が紹介されていますが、実際にはなかなかこれができません。
 
 
行き慣れた山であれば「あのピークがナニナニ岳だな。」とか分かりますが、これがよっぽど顕著な形をしていない限り、地図の等高線を見て山の形を識別するのは難しいんです。
 
 
他にも理由があって、樹林帯では木が邪魔をしてとか、ガスっていて景色がよく見えないなどの条件もありますね。それでは、
 
 
 
 

どのようにして現在の場所を把握するのか?
 
 
 
 
地図の実際の登山道は傾斜が強くなったり緩くなったりします。
 
 
 
 

その傾斜も自分の現在位置を知る事が出来る重要な情報の一つです。
 
 
 
 
例えば、登山道を歩いていてあからさまに傾斜が強くなったとします。そういう時は、地図上の
 
 
等高線の幅が突然に狭くなっている場所を探すのです。
 
 
逆に、傾斜が緩くなってだだっ広い場所に出たとします。
 
 
その時は逆に等高線の間隔が広くなっている場所を探せばいい訳です。
 
 
 
 
102467
 
 
 
 
他には
 
 
 
 

登山道が突然右に曲がったとか、沢が出て来たとか
 
 
 
 
沢筋の右側を歩いているとか、沢をわたって登山道が沢の反対側にうつった時などは、地図上で沢筋の登山道が反対に移った場所を探せば良いのです。
 
 
 
 

これらは現在位置を把握できるいい情報になります。
 
 
 
 
初心者同士で山に行くときは、特に地図を見て現在位置を把握する様に心がけましょう。
 
 
良く整備された登山道には人が迷い込まない様に標識が至る所に設置されていますが、標識があるからと言って地図とコンパスを使わなくて良いという事ではありません。
 
 
特に
 
 
 
 

分岐点や、山頂、山頂以外のピーク、沢の出現、道の緩急、道の方向
 
 
 
 
などの
 
 
 
 

変化があった時には、必ず地図とコンパス
 
 
 
 

シルバコンパス
 
 
 
 
を使って現在位置を照合して下さい。
 
 
標識がある場所でも、ちゃんとその標識を使って方向の確認と地図上での名称を確認していれば
 
 
 
 

勘違いや思い込みによる道迷い
 
 
 
 
を防げます。
 
 
地図やコンパスはザックの中の入れておかないで、
 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

すぐに取り出せる場所に入れておきましょう。
 
 
 
 
何度も何度も地図を見る様にすれば等高線の形で地形の形を以前より簡単に感じる事ができる様になるでしょう。
 
 
 
 
image-1

私の場合は25000分の1の国土地理院の地図と、山と高原地図を両方持って行く事が多いです。
 
 
 
 
image

25000分の1の地図のコピーを取り、必要な部分の等高線に赤いボールペンでなぞっておくと地形が把握しやすくなります。
 
 
 
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Pagetop