登山 初心者


  • コラム

レスキューの講習会に参加してきました!

登山の技術の本には数多くのロープワークが紹介されています。
 

 
私はこれまでロープワークの技術本だけで7冊の本を買い、練習してきましたがやはり
 

 
 

 

ロープレスキューの講習会
 

 
 

 

に参加すればもっと多くのことを学べるのではないか?
 

 
と考えたので、
 

 
 

 

レスキューの講習会を探し参加してきました。
 

 
 

 

その講習会は2泊3日のスケジュールで行われました。
 

 
その実技は足早に進められ見て覚えるだけでも大変でした。
 

 
その講習会で私自身が感じた感想をお伝えしたいと思います。

 

 
 

 

参加者のほとんどが救助関係者だった

 

 
 

 
12人の参加者の中10人が救助関係者で、
 

 
 

 

一般の参加者は私入れて2人だけでした。
 

 
 

 

救助関係者の方も講習会の内容はとても難しいとは言っていましたが、彼らは
 

 
 

 

ロープレスキューのプロ
 

 
 

 

だけあってとても飲み込みが早く、すぐにその内容を実行し、
 

 
 

 

応用する高いスキル
 

 
 

 

を持っていました。
 

 
 

 
その講習会は泊まりで行われ、
 

 
 

 

夜は大部屋でみんなで宿泊
 

 
 

 

をしたので夜は彼らと話す機会がありました。
 

 
私がお酒を飲みながら沢登りやアイスクライミングや雪山登山などのジャンルもやる事もお話ししました。
 

 
彼らの多くは私の話も興味深く聞いてくれましたが、その講習に参加した救助関係者の方々の中で
 

 
 

 

登山をする人はいませんでした。
 

 
 

 

救助は多くのジャンルがある様で、
 

 
 

 

山岳のレスキューはその一部
 

 
 

 

の様なのです。
 

 
この事は私にとって興味深い出来事でした。
 

 
私が会った救助関係者の方々のロープレスキューの技術はとても優れていましたし、
 

 
 

 

基礎体力は並みの登山者よりもはるかに高い
 

 
 

 

方々ばかりでしたが、必ずしも山岳に精通している人達ばかりではないので、
 

 
 

 

慣れない山岳地帯の救助活動
 

 
 

 

は一般の救助よりも手こずるのは目に見えています。
 

 
登山の内容がハードになればなるほど、その救助活動は難しくなりますし
 

 
難しい救助活動になれば、救助に来ていただいた方の安全を脅かす事にもなるでしょう。
 

 
山岳地帯は人里離れた複雑な地形ですのでそのレスキュー活動は
 

 
 

 

天候判断、どうやってそこまで行くか、救助物資の確保、怪我人の搬送
 

 
 

 

などの条件はより厳しく、
 

 
 

 

その救助活動はより困難
 

 
 

 

になる事は想像されます。
 

 
 

 
もちろん山岳に特化した救助隊も事故が多い山域にはあります。
 

 
しかし、救助隊の方々の人数やヘリなどの機材にも限りがある事を考えると当然
 

 
 

 

全て救助隊の方々のレスキュー活動に頼るには無理があります。
 

 
 

 

とは言っても救助隊の方々は豊富な経験と知識を活かしてなんとか救助してくれるでしょう。
 

 
しかし、我々登山者は彼らの活動にのみに甘える事は当然できません。
 

 
 

 

登山者の責任

 

 
 

 
登山中に起こった
 

 
 

 

トラブルに対するセルフレスキュー
 

 
 

 

を何も身につけずに登山をしている限り、何か登山中に事故があった時に暗黙のうちに
 

 
 

 

公的機関の救助活動をあてにしている
 

 
 

 

事になります。
 

 
仮に登山者が何かのトラブルにあった場合、そのトラブルに対する最低限度の対処法を知らない限り
 

 
 

 

「何でろくに対処もできないのにそんな危険な所に行ったんだ?」
 

 
 

 

と社会的に批判されてもいい訳ができないでしょう。
 

 
 

 
そのことを考えると登山者は登ることだけではなく、
 

 
一人一人が少なくとも自分が登っている登山のレベルの範囲の
 

 
 

 

最低限度のセルフレスキュー
 

 
 

 

は覚えておかなければいけないと感じましたし、
 

 
 

 

それが登山者一人一人の責任なのではないか?
 

 
 

 

と考えさせられました。
 

 
 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Pagetop