登山 初心者

thumbnail


  • 登山の食事

登山の食事 主食編

この項目では、私が持って行った事がある食材の種類と、実際の山に持って行った時の感想について書いていこうと思います。

以下の食材の種類は登山者の中ではポピュラーな物も含まれますので、以下の項目についてお話をしたいと思います。

ジフィーズ (アルファ米)
カップラーメン
インスタントラーメン
レトルト食品 セブンイレブンの物
缶詰

パスタ 
うどん
生野菜
 

 
 

 

190302
 
 

 

 

登山に持って行く食材

  • ジフィーズ
  •  

     

    「ジフィーズ」って何の事だかさっぱりわからないって言う人は多いのではないでしょうか?

    この食品は主に登山用に開発された物で、出来上がった

    食品の水分を全て抜いてある

    ので、
     

     

    軽い
    腐らない
    調理が不要
     

     

    という特徴を持っています。
     

     

    一昔前には手軽に食べられるものとして缶詰やレトルトの食品を持って行きましたが、やっぱり重たいんです。
     

     

    ジフィーズは重量が軽いので、長期間の縦走登山などの
     

     
     

     

    極力荷物の重量を軽くしたい
     

     
     

     

    時におすすめです。
     

     

    私の家の近くの登山道具屋さんにはアルファ米とも言うんですが、2種類のメーカーの物が販売されていて、
     

     
     

     

    「サタケ」と「尾西」
     

     
     

     

    という2社のメーカーの物が販売されています。
     

     
     

     

    私は「尾西」の物が好き
     

     
     

     

    でこっちの方が食感がもちもちしてるんです。
     

     
     

     

    尾西食品 白飯
     

     
     

     

    原材料の欄を見てみると、「サタケ」社の物は「うるち米」のみで、「尾西」社の物は「もち米」と「うるち米」で作られています。
     

     
     

     

    尾西の物はもち米の方が先に書いてあるので
     

     
     

     

    うるち米よりももち米の分量が多い
     

     
     

     

    のだと思います。
     

     

    ですので、もちもちとした食感が好きな方は原材料名の欄を見て「もち米」が含まれている物を持って行くと良いでしょう。
     

     
     

     

    マジックライス 白飯

     

     

     

     
    他のジフィーズ
     

     
     

     

    小さめどんぶり4種セット

    これにご飯ついていないので、ご飯も同時に持って行きましょう。

     

     

    即席乾燥餅 いそべ餅

     

     

    即席乾燥餅 あんこ餅

    山ではとても甘いものが食べたくなる時も多々あります。水ですぐに戻せて便利です。
     

     

    きのこのかぼちゃスープ

    雨などで体が濡れてしまった時はご飯とおかずだけでは体が暖まらないので、汁物があると良いでしょう。

     

     
     

     

    • スティックコーヒーなど
    •  

       

      一本に砂糖やミルクがあらかじめ入っているスティックコーヒーなどもあると食後のひとときに最高ですし、糖分も補給できます。
       

       
      昼に時間がある場合は、山頂などの景色が良い場所でお湯を湧かしてコーヒーを飲むとこれも最高ですよ。
       

       

      マキシムスティック アソート

       

       
       

       

      ブレンディスティック ティーハート

       

       

      186091
       

       

      • カップラーメン
      •  

         

        最近の登山ではだいたい私は
         

         
         

         

        カップラーメンを2~3個持って
         

         
         

         

        行きます。
         

         


         

         
         

         

        カップラーメンは登山の前日に登山口の近くに車を止めて、そこで次の日の為に準備したりする時の車中泊の時にも非常に便利です。
         

         

        夜にお酒を飲んで小腹が減った時とか、朝食にも食べる事があります。
         

         

        登山にバーナーを持って行く時には、
         

         
         

         

        昼食として持って行っても最高でしょう。
         

         
         

         

        ただ、カップラーメンはかさばるのと、ザックに入れた時にはカップが潰れない様にしなければならない事に少し気を使います。
         

         

         

         

         
         

         

         

        • インスタントラーメン
        •  

           

          この食材は昔からあるので定番中の定番の主食の一つだと思います。
           

           

          カップラーメンと違う点は直接鍋に入れて煮るので、追加で持って来た生野菜や山中で取れたキノコなども一緒に入れて調理ができる所にあると思います。
           

           

          私のお気に入りは、
           

           
           

           

          「まるちゃん 正麺」
           

           

           

           

          マルちゃん正麺醤油味

           

           
           

           

          で、これは本当に美味しいと評判でした。
           

           

          今までのインスタントラーメンとは全然味わいが違うので、インスタントラーメンであっても
           

           
           

           

          生麺みたいな食感
           

           
           

           

          が味わえます。

          特に長期間山に入る時は、食事しか楽しみがない時があるので、ちょっとした事にこだわると良いとだいぶ違うと思います。

           

           
          174966
           

           

          • レトルト食品 セブンイレブンの物
          •  

             

            私は特にセブンイレブンの回し者ではないんですがレトルト食品と言えどもセブンイレブンの物はあなどれないと思っています。

            以前、正月休みの期間に長野県の八ヶ岳に登山に行く事があって、ちょっと油断していたらスーパーが全て閉まって山の食材の買い物ができなかった事があったんですね。
             

             

            その時にでもセブンイレブンはいつでも店を開けているものですから、
             

             
             

             

            2泊3日分の食材の全てをセブンイレブンで買う
             

             
             

             

            事になったんです。
             

             

            今ではレトルトのお惣菜が豊富に売っていて、レトルトと言えど魚から肉から野菜からおでんに至るまでの食材が販売されています。
             

             

            そこで私は3日分の食材5000円分くらいを全てセブンイレブンの食材にしました。
             

             

            3日間の全てをセブンイレブンのレトルト食品を食べ続けたんですが、これがまた
             

             
             

             

            一つ一つの食品のクオリティが非常に高く
             

             
             

             

            、スーパーで食品を買い揃えるよりも遥かにおいしいのでは?と感じました。
             

             

            聞く話によると、セブンイレブンの食品は相当研究開発費をかけて研究しているという事を聞いた事があって、やっぱりさすがだなあと関心しました。
             

             

            ですのでセブンイレブンのレトルトのお惣菜は個人的にはおすすめです。

             

             
            148156
             

             

            • 缶詰
            •  

               

              基本的に缶詰は登山には持って行きません。 
               

               

              缶詰ってやっぱり重たいじゃあないですか。でもこの1週間くらい前に登山に出かけたんですが、
               

               
               

               

              ちょっと見直す所がありました。
               

               

               

               

              缶詰は入れ物が金属の中に入っているだけあって、基本的に一番日持ちがいいですし、同じ様に日持ちがするジフィーズとも違って缶さえ開けてしまえば全くの調理が不要ですよね。
               

               

              それからジフィーズは種類と売っている店が登山用品屋のみでしか手に入りませんが、缶詰めは全国
               

               
               

               

              どこのスーパーやコンビニでも手に入ります。
               

               

               

               

              それから値段もレトルト、ジフィーズなどの保存がきく食料と比較しても
               

               
               

               

              一番安い気がします。
               

               

               

               

              この間登山に行った時は、前日に登山口の近くにまで行ってから登山口の近くに車を止めました。そこで夕食を取って車中泊をしました。
               

               

              到着してからは外でお酒とつまみを食べながら宴会をしたんですが、けっこう早めに宴会が始まったので、お酒とつまみが亡くなってしまったんですね。
               

               

              登山に来る様な場所ですから周りにスーパーはおろか、コンビニなどはなく、食材を追加で買い足す事なんてできません。
               

               

              そのとき思った事は車の中や登山の時に車に持ち込む
               

               
               

               

              バッグ等にストックの缶詰
               

               

               

               

              を何個か入れておけば食材が不足した時に、思い出した様に缶詰を開ける事ができますよね。
               

               

              実際に山に入る時に事前に買ってはきたものの、登山中の食材の量に不安があった時はストックの缶詰を持って行く事もできます。
               

               

              予備食、非常食としてこういう使い方は重宝すると感じました。
               

               
               

               

              缶詰は缶切りが必要な物がある
               

               

              三徳 缶切

              このような簡単な3徳缶切りをバッグや籠などに放り込んでおくといざという時に使えます。
               

               

              ので、この点に関しては注意が必要だと思います。

               

               
              185958
               

               

              •  

                 

                 

                 
                昔はよく米そのものを持って行ってコッヘルでご飯を炊いていた事があります。
                 

                 

                でも米ってコッヘルで炊くと
                 

                 
                 

                 

                結構焦げるんですよ。
                 

                 
                 

                 

                これが。
                 

                 

                外で米を炊く分には吹きこぼれても問題ないですが、これがテントの中ですと吹きこぼれた時は大騒ぎです。
                 

                 

                でも、キャンプで盛大にたき火をしてそこでお米を炊くのはキャンプの醍醐味ですし、前日に登山口の近くまできてそこでたき火ができるならたき火をしてそこでお米を炊くのも登山前に力が付く気がします。
                 

                 

                沢登りの様な登山で長期間山に入る人は、生のお米を持って行ってお米を炊く人もいます。
                 

                 

                過去登山で生のお米をそのまま持って行って洗わずに水をコッヘルに入れて炊いた事もありますが、 
                 

                 

                 

                洗っても洗わなくても味は全く変わらない
                 

                 

                んですよ。
                 

                 

                これは一緒に行った先輩が勝手にやって
                 

                 
                「え~これ味どうなの?」
                 

                 
                なんて思ったんですが、これに関してはびっくりしましたね。
                 

                 

                これ、普通のお米ですよ。無洗米じゃあなくて。
                 

                 

                家でお米を炊くときは普通に研いで炊いていますが、この「研ぐ」という作業は一体何なのだろう?ってちょっと思いますね。
                 

                 

                それから調理方法として時間はかかりますが、
                 

                 
                 

                 

                リゾットの様な調理の仕方も
                 

                 
                 

                 

                その中に入れるものを工夫すればおしゃれですし、水も節約できると思いますし、ジフィーズのお米より遥かに味わいがあるかも知れません。

                ガスや時間に余裕がある時におすすめです。

                 

                 
                175018
                 

                 

                • パスタ
                •  

                   

                  これはつい1週間程前にやりましたが調理に時間がかかるのと水を大量に使う、ゆでる時にお湯に塩を入れなければならないので、登山中の食料としてはあんまりおすすめが出来ません。
                   

                   

                  でも、テント場の近くに水場があり水を確保できるならやっても有りだと思います。
                   

                   

                  スープパスタなら水は捨てないで茹でたお湯をそのまま利用して使う事もできます。
                   

                   

                  一度、パスタの袋の中に一緒に調味料が入っているものが登山用品屋さんの食料コーナーにあって、2袋これを買って行き、3泊した最後の夜にそのパスタを2袋茹でて食べたんですが、これはもの凄く味と麺の食感が良く、パーティのメンバー5人中みんなに非常に評判が良かったですね。
                   

                   

                  仲間の中には
                   

                   

                  「山でまさかパスタが食えるなんて~!」
                   

                   

                  と言っていたメンバーもいたので、特に長期の山行となると食料の軽量化の為に食事も単調になりがちですが、そんな時にパスタを出して食べたらスゴくリラックスが出来ますし、それだけで
                   

                   
                   

                   

                  パーティの仲間コミュニケーション
                   

                   

                  が計れたら良い思い出にもなりますよね。
                   

                   

                  一つの難点がこれは登山用に開発されたものだと思うんですが、やっぱりパスタだけあって茹でるのには時間がかかりましたね。
                   

                   

                  パスタの中でも
                   

                   
                   

                   

                  「ディチェコ」
                   

                   
                   

                   

                  というちょっと高級なパスタメーカーの太さが1ミリか0.9ミリの
                   

                   
                   

                   

                  極めて細いカッペリーニという物は
                   

                   

                  ディ・チェコ  カッペリーニ

                   

                   

                  、一般的な太さのパスタよりも
                   

                   
                   

                   

                  圧倒的に短い時間で茹でられる
                   

                   
                   

                   

                  ので、これは山でも使えるパスタだと思います。茹で時間がなんと2分という短時間でゆで上がります。
                   

                   

                  短時間で食べられる様になるという事は、ガスなどの燃料の節約につながるのと、お腹がすいて仕方がない時にすぐに食べられます。
                   

                   

                  私は一時期、このスパゲッティにはまっていて、家にお米の様にストックしておき、もの凄くお腹が空いている時に、よく食べていました。
                   

                   

                  ご飯は研いでから炊きあがるまでの時間が30〜40分くらいはかかりますが、ディチェコのカッペリーニは2分でゆで上がってしまうので、カップラーメン以上に早く食べられるのには魅力があります。

                   

                   
                   

                   

                  • うどん
                  •  

                     

                    これは私の登山の師匠が純日本食派なので、登山で麺を食べる時はうどん率が高いです。
                     

                     

                    山中で取れた山菜やキノコを使っていつも
                     

                     

                                        「山菜きのこうどん」
                     

                     

                    が定番になっています。以前はスーパーで買って来た生のうどんが多かったんですが、2ヶ月程前に
                     

                     

                                         「まるちゃん正麺のうどん」
                     
                     

                    マルちゃん正麺 うどん

                     
                     

                    を買って山に持って行ったところ、私含めて4人中4人ともみんなうなる様においしがっていて、それ以来、私の山の師匠は
                     

                     
                     

                     

                    生のうどんはもう買わない
                     

                     
                     

                     

                    でまるちゃん正麺を買うと言っていて、非常に評判が良かったです。
                     

                     

                    インスタントの乾麺のくせに食感がもちもちで、付属の粉のスープもダシの取り方が絶妙でした。
                     

                     

                    生麺だと水分が含まれていて重たいのと、保存は全く効かない、まるちゃん正麺と比較すると生麺だけどインスタントのまるちゃん正麺に劣るので、結局軍配はインスタントのまるちゃん正麺に上がるという結果になりました。
                     

                     

                    値段はインスタント乾麺界?の中では比較的値段が高い方ですが、大体5個パックで350円前後なので、べらぼうに高い訳ではありません。
                     

                     

                    仮に生麺が残ってしまい、痛んで捨ててしまったらそっちの方がよっぽど高くつくので、そう考えるとそれほど値がはるという訳ではないと思います。
                     

                     

                    私は登山に行く時には大抵食材を大量に持って行く派なので、以前5個パックの物を買ったんですが、他のメンバーも大量に食材を持ってきていたので、まるまる余ってしまいました。
                     

                     

                    それらはそのまま家に持って帰りました。
                     

                     

                    このインスタント乾麺は他の乾麺と比較しても味のレベルが高いので、そのまま夕食として食べたんですが、野菜を大量に入れて食べたら普通に夕食として食べられるレベルでした。
                     

                     

                    買ってみても損をした気分になる事はほとんどないと思います。
                     

                     
                     

                     
                     
                    184249
                     
                     
                     

                     
                     

                    うどんの種類で生の物とインスタント物以外では、「ひやむぎ」や「そうめん」は茹でる時間も短くて済みますし、沢沿いなどの冷たい水が豊富に取れる場所では、
                     

                     

                    そうめん

                     

                     

                    ひやむぎ

                     

                     

                    「流しそうめん」などをしても遊び心があって面白い
                     

                     
                     

                     

                    と思います。

                     

                     
                     

                     
                    188241
                     
                     

                     
                     

                    • 生野菜
                    •  
                       


                       
                       

                       

                      これは食事のメニューを何にするかによっても持って行く野菜の選択が変わってきますが、ラーメン、うどん系の食事がメインの場合、菜っ葉系の生野菜が好きですね。
                       

                       

                      菜っ葉系の野菜は例えば油菜、ほうれん草、チンゲンサイ、など何でも良いです。

                       

                       

                      これらの野菜は、加熱時間も非常に少なくて済みますし、私は何と言っても固めに茹でておいて、茎の部分の食感を楽しむのが好きです。
                       

                       

                      その他、長ネギは刻んで出来上がったラーメンやうどんの上に乗せて食べたらこれだけで味気なくなりがちな山の食事が豪華な食事になって、
                       

                       
                       

                       

                      登山の疲れを一気に吹き飛ばしてしまう

                       

                       

                      でしょう。
                       

                       
                       

                       

                      炒め物をするならピーマン、タマネギ、キノコ、
                       

                       
                       

                       

                      など軽く炒められる物がいいですね。
                       

                       

                      私の登山の師匠は2ヶ月程前、チンゲンサイとホタテの炒め物を調理して頂きました。この時期は冬だったので、ホタテを持って行けたのですが、その時期によって持って行けそうな物を選択すると良いと思います。
                       

                       

                      何も山だからって
                       

                       
                       

                       

                      食事の全てを登山用の食材ばかりを選択しなくても良い
                       

                       
                       

                       

                      のです。
                       

                       

                      既成概念にとらわれずに自由な発想でいきましょう。
                       

                       

                      これらが重いという方は本当にメインのラーメンとかレトルトとかジフィーズなどのに
                       

                       
                       

                       

                      「添える」程度の量でも全然違う
                       

                       
                       

                       

                      でしょう。
                       

                       
                       

                       

                      プチトマト、レタス、キュウリとかにかまぼこなどでサラダ
                       

                       
                       

                       

                      を作るとこれも最高に旨いです。
                       

                       

                      ドレッシングは私はさっぱりとしたものが好きなので、青じそ等のドレッシングで食べると登山で疲れた体には、シャキシャキ感とみずみずしさ、食感が最高に美味しいです。

                       

                       
                       

                       


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Pagetop