登山 初心者


  • 登山の装備

ガスが無くなったら詰め替えを

登山やキャンプをするにはガスバーナーはなくてはならないですよね。
 
 
ガスのカートリッジって冬とか寒い時期になると一日で一個くらい消費してしまう事はざらです。
 
 
ついこの間、知り合いと日帰りの登山に行った時は、登山口近くで前夜に車中泊したのですが、11月末だったのと、車の中での宴会が盛り上がったので次の日の朝には満タンにあったガスがほとんどなくなってしまっていました。
 
 

 
 

ガスのカートリッジは買うと1個500円
 
 

 
 
くらいするので、登山ではなかなかこの出費がバカにならないのです。
 
 
私の登山道具を保管してある場所には、処分してなかった空のガスカートリッジが7個くらいあったのでこれに
 
 

 
 

ガスを充填する事にしました。
 
 

 
 

えっ、そんな事出来るの!
 
 

 
 
なんて思った方もいると思いますが、私もこの事を知った時はそう思いました。
 
 

 
 

つめかえ君
 
 

 
 

【日本製】つめかえ君
 
 

 
 

という物で、家庭の鍋などをするときに使う
 
 

 
 

卓上コンロのガスをアウトドア用のガスカートリッジに詰め替える
 
 

 
 
事ができる優れものです。
 
 
これは私自身は持っていないのですが、山の知り合いが持っているので空になったガスカートリッジ7個を全て詰め替えてもらいました。
 
 

 
 

卓上コンロのガスカートリッジは3本で300円くらい
 
 

 
 
で買う事ができ、
 
 

 
 

1本でアウトドア用のガスカートリッジ1個が充填
 
 

 
 
する事ができるので、詰め替えてしまえば100円で済んでしまいます。
 
 
なので、私は知り合いに
 
 

 
 

7個詰め替えてもらっても700円位
 
 

 
 
しかかかりませんでした。
 
 
11月の末に車中泊した時の朝はかなり冷え込んで、ガスカートリッジはだいぶ冷えていたので、さすがに
 
 

 
 

純正のハイパワーガス
 
 

 
 

PRIMUS GAS CARTRIDGE ハイパワーガス

 
 
 
 
みたいに全然火力に影響なしという訳にはいきませんでしたが、火力が3割減という位の出力の低下だったので、このくらいであれば全然使えると思います。
 
 
完全に野外で使い、絶対に火力を落としたくないという時は純正のハイパワーガスを使うなどの使い分けなんかも有りでしょう。
 
 
詰め替えをしてくれた人はいつも
 
 

 
 

正月の八ヶ岳
(標高2500mの赤岳鉱泉の外気温は氷点下15度以下になる事はざら)
 
 

 
 
に行く時もこの詰め替えをしたカートリッジを持って行くので、あからさまにガスカートリッジを冷やさなければほとんどの野外活動で使えるのだと思います。
 
 
なお、詰め替えをした時は何かトラブルがあってもメーカーの保障は受けられないので、その点は注意が必要です。

ガス充填量250gの物6つと、110gの物2つガスを充填して約700円。頻繁に山に行く人には特におすすめです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Pagetop