登山 初心者

thumbnail


  • 登山の装備 レビュー

ミズノ ベルグテックEX のカッパ購入!

ゴアテックスは非常に高価なので、本格的な登山道具屋ではないスポーツ用品屋さんに他にゴアテックスに変わる素材のカッパを探

していました。
 

 
その時出会ったのが
 

 
 

 

「ミズノ ベルグテックEX ストームセイバーV レインスーツ」
 

 
 

 
です。
 

 

 

 
このカッパの耐水圧こそは数値上はゴアテックスより落ちますが、透湿性はゴアテックスよりも上回っています。
 

 
値段がメーカー希望小売り価格が14500+税と非常に安価なのですぐにこれをAmazonで注文しました。
 

 
Amazonですと11000円ちょっとで購入できるので、さらに安いです。
 

 

 

 
私が以前使っていたTHE NORTH FACEのゴアテックスのカッパは37000円ぐらいしますので、この値段ですと3着買ってもおつりが来ますね。

その外観と作りを研究してみました。

 

 

ベルグテックEXの素材のカッパ

 

カッパ 外観

 

 

 

 

収納後

 

 

 

 

ポーチのベルト

 

 

 

 

カッパ 外観 比較

 

 

 

 

たたんだ痕の大きさの比較

 

 

 

 

上着

 

 
広げた上着。
 

 

上着のゴム

 
 
 

 
上着の裾を絞るゴムのコードとコードロック。
コードロックを掴まないでゴムの先端のつまみを引っ張れば締まる様な作りになっている筈だが、まだ新しいのもあるせいかこれが引っ張ってもなかなかうまく締まらなかった。
この機能はノースフェイスの物の方が良く作られていると思う。

 
 

 
 

上着 ポケットの裏側
 

 
 

 
ポケットはメッシュで作られていて、メッシュの底は破れない様にメッシュではないナイロンで作られている。
メッシュの上着本体への縫い合わせはきちんとされていて、この点は一流スポーツ用品のメーカーだなと関心する。
 

 
 

 

カッパのマジックの個所

 

 
ファスナーのカバーはマジックになっていてボタンタイプのものより遥かに使いやすい。
 

 

撥水ファスナー タグ

 

 
ファスナー自体が撥水になっている様だ。
 

 

フード

 

 

フード部分。フードもかぶってみたが、ありがちなフードが大きくて歩いているうちに顔にかぶってくるという事はないと思う。
フードが顔にかかってくると非常に見えづらいのととてもうっとうしい。
フードの大きさは頭に対して絶妙なサイズだと思う。
ただ、冬に厚手の帽子をかぶって使うという使い方をする場合はちょっとサイズがタイトに感じるかもしれない。

 

 

フード アップ

 

 

フード部分のひさしにはワイヤー状の物が入っているのでひさしを手で持って支えたりする必要はないと思う。

 

 
ベルグテックのロゴ

 

 

ベルグテックのロゴマーク。

 

 

ズボン 全体

 
 

ズボンの全体。

 

 

ズボンのゴム

 
 

ウエストを閉めるゴムとコードロック。先端につまみが付いているが、このつまみのみを持って引っ張ってもよく締まらない。
ゴムの入っている穴が破けてしまうのではないかと思わさせる。
この点もノースフェイスのカッパの方が使いやすいと思う。

 

 

裾のチャック

 

 

ズボンの裾のチャックの長さはおおよそ32センチくらい。
ノースフェイスの物と比較すると短い感じがする。
だが、実際に使ってみてこの長さで問題がなければ、チャックが短い分軽量化につながると思う。

 

 

裾のゴム

 
裾につけられている裾を絞るためのゴムを閉めるコードロック。
ノースの物はゴムは付いているが、コードロックは付いていない。

ベルグテック タグ

 
ベルグテックEXの素材のタグ。ゴアテックス素材の物に対抗する素材になっていくであろうか。
 

性能のタグ

 
ゴアテックスの耐水圧は45000mm、浸透性は14500mm。

防水性は使っているうちにどんどん落ちてしまうのだから耐水圧はそれほど気にしていない。

浸透性はベルグテックの物の方が高い事がわかる。

 

 

値段のタグ

 
元値は安価で購入しやすい値段だ。

 

 

収納 タグ

 
カッパ本体とズボンをフードの中に収納する事が出来る。
 

 

 
 

 

ざっと見てみた所の総括

 

 
このカッパには上着に1カ所、ズボンに2カ所のサイズを絞るゴムが付いていて、そのまま引っ張っても思ったよりもスムーズに動かなかったが、私が13年間使い続けたノースフェイスのカッパにも同じ個所に引っ張るゴムが取り付けられているが、どれもほとんど使った事がない。

 

 
ましてや、足首のゴムに関しては1度も使った事がないので、この点に関してはほとんど気にする必要はないと思う。

 

 
フード部分が絶妙な大きさなのと、ワイヤー状の物が入っている事で、フードが目にかかって来る事がなく良い作りだと思う。

 

 
作りといい値段といい、

コストパフォーマンス的には申し分がない作り

だと思います。

 

 
また後ほど実際に使ってみた時は改めて記事を書こうと思います。
 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Pagetop