登山 初心者


  • 登山のトレーニング

登山の筋トレ 筋トレは内容を変化させよう!

[トレーニングの内容とは?]
 

 
 

 
さて、トレーニングはストイックな人ほど、いくらでも負荷をかけてしまいがちです。
 

 
その疲労は、溜まりに溜まると重度な怪我につながる恐れがあるので、疲労を貯めすぎない様に調節しながらトレーニングしましょう。
 

 
さて、トレーニングには当然「内容」があります。
 

 
そして、そのトレーニングの「内容(ボリューム)の内訳」は 
 

  
 

                

「量」、「強度」、「密度」、「頻度」
 

 
 

 
となっています。
 

 

大抵の人はトレーニングが進んで来ると強度や量のみを上げてしまいがちです。
(例、強度 より重さを増やす、より心拍数を上げる、量 セット数を増やす、距離を長くする等。)
 

 

例えば、強度や量を減らして密度(インターバルの間の時間を短くする)や頻度(例 週2回のトレーニングを週7日にする)を上げる事で
 

 
 

 

トレーニングの慢性化を回避し、
 

 
 

 

トレーニングの内容をコントロールする
 

 
133758
 

 
事でより強く、効率が良く、疲労も貯めずに怪我を避けながらトレーニングをする事が可能です。
 

 
ですので、量と強度にのみ注目していた人は、密度と頻度にも注目してみると良いでしょう。筋トレにについてより深く知りたい方にはこの本がおすすめです。
トレーニングの内容について詳しく書かれています。
 

 
 

 

パフォーマンス・ロック・クライミング
 

 
 

 

この本のタイトルから、
 

 
 

 

ロッククライミング
 

 
 

 
についての技術が書かれていると思いがちですが、それよりも運動全般に関わる
 

 
 

 

運動生理学
 

 
 

 
の様な記事が多く、特にロッククライミングをしない人にも有益な情報が満載です。
 

 
 

 

特に、トレーニングを科学的に考えたい人
 

 
 

 
はこの本の内容について満足するのではないでしょうか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Pagetop